【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】最大のポイントは矢野采配、自身の野球観大切に最善手を打て(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

最大のポイントは矢野采配、自身の野球観大切に最善手を打て

試合前練習での阪神・矢野燿大監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)
試合前練習での阪神・矢野燿大監督=甲子園球場(撮影・水島啓輔)

矢野燿大監督(52)よ、死闘を勝ち抜くポイントは全てアナタの采配にあります。阪神は9月戦線を10勝9敗4分けで終了し、東京五輪によるシーズン中断後の後半戦は17勝18敗4分け(9月30日現在)です。前半戦84試合を貯金15で走った勢いは消え、ヤクルトとの熾烈(しれつ)な優勝争いは今季最終戦(10月24日=広島戦・マツダ)までもつれるかもしれません。打線では佐藤輝明内野手(22)の不振が長期化。リリーフ陣にも綻(ほころ)びが見えます。しかし、もうここまできて誰がどうした、こうした…ではありません。指揮官は全ての戦力を使い切り、絶対に勝たなければなりません。死闘を制すれば歴史にその名は永遠に残ります。勝つか、負けるか…で、その後の監督人生は大きく変わるでしょう。

停滞傾向にあるチーム力

いよいよ激しい優勝争いは10月にもつれ込みましたね。阪神は9月30日の広島戦(甲子園)に4-5で敗れて同一カード3連敗を喫しました。それでも1・0ゲーム差の首位ヤクルトもDeNAに連敗し、ゲーム差は動かず…。これで阪神は9月戦線は10勝9敗4分け。8月(13日からペナントレース再開)が7勝9敗でしたから、東京五輪による中断後の後半戦は17勝18敗4分け(9月30日現在)です。

この成績をどう見るのか…。当然ながら、チームの周辺には危機感が漂っています。なにしろペナントレース中断前は48勝33敗3分けで貯金15だったわけですから、前進や停滞…というよりも後退…ですよね。

「夏場以降、何といってもルーキー佐藤輝の打撃不振が痛いよね。前半戦を引っ張ってきた怪物ルーキーが別人のように打てなくなった。一時期、2軍に落して再調整させたけど、1軍に再昇格後もサッパリ打てない。それに9月に入って以降、サンズもピタッと打てなくなって、得点能力がガクンと落ちてしまった。現状は近本と中野の1、2番コンビが頑張っているけど、ポイントゲッターが打てないので勢いに乗れないんだ」と阪神OBの一人が話せば、別のOBは「投手陣も岩貞や岩崎が打たれ、抑えのスアレスも前半線のような絶対的な安定感が薄れてきた。及川が頑張っているのが目立つけど、やはりリリーフが不安定」と指摘していました。

誰がどう見ても、チーム力が停滞傾向にあるのは間違いなく、現状は優勝争いをしている…というよりも優勝争いに〝踏みとどまっている〟感じでしょうか。

高津監督の先を読んだ采配

最終盤を迎えた優勝争いはヤクルト、巨人、阪神の3球団による争いから巨人が脱落気配です。巨人は9月に入り、打線が低迷。6勝14敗5分けと大きく負け越しました。最大15あった貯金も6に減り(9月30日現在)、ベンチ裏には〝秋風〟が吹き始めたといいます。一方のヤクルトは9月は13勝8敗5分け。9月28日には10年ぶりの9連勝と「13試合連続負けなし」の球団新記録をマークしました。現時点では阪神の相手はヤクルトですね。