【クリップ!】帰ってこられてうれしい 窪田正孝、再び放射線技師に - 産経ニュース

メインコンテンツ

クリップ!

帰ってこられてうれしい 窪田正孝、再び放射線技師に

(納冨康撮影)
(納冨康撮影)

X線やCT、MRIなどの画像から〝見えない病気〟を探し出す放射線技師と放射線科医の活躍を描いたドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」。約2年前に「月9」で放送され好評を博したドラマの続編で再び、主人公の天才放射線技師、五十嵐唯織(いおり)を演じる。「前作がとても評価いただいたと聞いていたので、続編ができたらいいなという気持ちでいました。また、この現場に帰ってこられてうれしい」と喜ぶ。

唯織の初恋の相手で放射線科医の甘春(あまかず)杏(本田翼)を始め、主要人物は続投。前作の撮影時は、「メンバーが仲良く、若い世代から大先輩まで分け隔てなく会話できる他にない空気感の現場」だった。この2年の間にそれぞれがさまざまな現場で活躍し、自身もNHKの朝ドラ「エール」で主人公を演じてさらに大きく飛躍した。「今シリーズから新しい仲間も加わり、ヒーローたちが集まった力強さを感じる。今回から見る人も置き去りにせず、皆で進みます」と〝ラジハチーム〟の結束力に自信をのぞかせる。

「写真には必ず真実が映る」と信じる唯織は、医師免許も持ち、天才的な読影能力と診断能力を持つ。一方で協調性に欠け、「杏さんと検査にしか興味がない」という変わり者だ。前シリーズで甘春総合病院を辞めてアメリカに旅立った唯織が日本に帰ってくるところから、今シリーズは始まる。次々とやってくる患者にどう向き合うのか。同時に、杏との恋愛模様がどうなるかも気になるところだ。

前シリーズでは「縁の下のヒーローたちの物語」と紹介された物語。新型ウイルスの流行でこの間、医療を取り巻く環境は大きく変わった。患者の肺を調べる放射線科医や技師の仕事の重要性も少しずつ世間に認知されてきた。「いつどんなときも病気になる可能性があり、医療は決してドラマだけの話ではない。なかなか光の当たらないところにこうして光を当てることで、放射線科医や技師の力になればいい」と願う。

座長としては、差し入れを欠かさないなど現場の雰囲気づくりに気を配る。チームの士気も高い。Ⅱまで来たら、次はⅢを目指すしかないのでは?

「今作次第ですよね。続けばいいなと思います。でも、年齢を重ねるとやりにくいので、やるなら早くやってほしいです」と笑わせた。(道丸摩耶)

くぼた・まさたか 昭和63年生まれ、神奈川県出身。平成18年のドラマ「チェケラッチョ‼ in TOKYO」(フジテレビ)で連続ドラマ初出演にして主演を果たす。ドラマや映画、CMなどで幅広く活躍し、主な映画出演作に「東京喰種 トーキョーグール」シリーズ、「初恋」など。令和2年の朝の連続テレビ小説「エール」(NHK)では6年ぶりの男性主人公を演じた。

「ラジエーションハウスⅡ」はフジテレビ、月曜午後9時から。