阪神マルテが3戦連発の22号 3連勝に貢献

【阪神―中日】三回、阪神のマルテは左越えに先制ソロを放ち、3試合連続アーチとした=10月3日、甲子園(宮沢宗士郎撮影)
【阪神―中日】三回、阪神のマルテは左越えに先制ソロを放ち、3試合連続アーチとした=10月3日、甲子園(宮沢宗士郎撮影)

頼れる助っ人の豪快な一打が、つながりを欠く打線の窮状を救った。阪神は3日の中日戦でマルテの3試合連続アーチとなる先制の22号ソロが唯一の得点となり、1-0で3連勝。3日続けてお立ち台に上がった3番打者は「全てのホームランが勝利に結び付いたことがうれしい」と表情を緩めた。

0-0の三回、小笠原の初球の直球を完璧なタイミングでたたき、左翼席にほうり込んだ。不用意に入った甘い球を逃さずとらえた会心の一撃。「早いイニングでしっかりと仕留めたかった」と気分よさそうに振り返った。

チームは虎の子の1点を守り抜いて3連勝。前のカードで広島に3連敗を喫した嫌なムードを吹き払い、5日から関東で9試合に臨む。特に首位ヤクルトとの直接対決は正念場となるが、矢野監督は「一試合一試合、僕たちの試合をして精いっぱい戦う」。打線はなかなか本調子を取り戻せないが、そんなマイナス要素もはね返すしぶとさが今のチームにはある。 (上阪正人)