気になる!

コミック『ひらやすみ①』

東京都内の一戸建て平屋に暮らす若者2人の日常を描いた青春群像劇。フリーターのヒロトは29歳。人柄の良さだけが取りえ。仲良くなった近所のおばあさんから平屋を譲り受けて暮らしている。物語はヒロトのいとこ、なつみが大学進学のため山形から上京し、同居する場面から始まる。ところが、なつみは東京になかなかなじめず、大学でも居場所を見つけられず…。

主な舞台となる阿佐ケ谷など東京23区の西側の空気感がリアル。平屋とヒロトの醸し出す穏やかな雰囲気は読んでいて心地よい。新生活を始める時期の不安もワクワクも思い出し、甘酸っぱい気持ちにもなれる。(真造(しんぞう)圭伍著、小学館・650円)