岸田内閣が4日に発足 新設する経済安保相に小林鷹之氏を抜擢 - 産経ニュース

メインコンテンツ

岸田内閣が4日に発足 新設する経済安保相に小林鷹之氏を抜擢

自民党本部に入る岸田文雄総裁(中央)=3日午後、東京・永田町の自民党本部(鴨志田拓海撮影)
自民党本部に入る岸田文雄総裁(中央)=3日午後、東京・永田町の自民党本部(鴨志田拓海撮影)

自民党の岸田文雄総裁(64)は4日召集の臨時国会で、衆参両院の首相指名選挙を経て第100代首相に選出される。3日は岸田新内閣の顔ぶれが固まり、岸信夫防衛相(62)の再任や、萩生田光一文部科学相(58)を経済産業相に横滑りさせる方針を決めた。新設する経済安全保障担当相には、衆院当選3回の小林鷹之衆院議員(46)を抜擢し、科学技術政策担当相も兼務させる。

初入閣は小林氏ら13人にのぼり、総務相に金子恭之(やすし)元国土交通副大臣(60)、法相に古川禎久(よしひさ)元財務副大臣(56)、厚生労働相に後藤茂之政調会長代理(65)、環境相に山口壮(つよし)元外務副大臣(67)を登用する。

復興相兼沖縄北方担当相には西銘(にしめ)恒三郎元経産副大臣(67)、経済再生担当相には山際大志郎元経産副大臣(53)を起用。山際氏は新型コロナウイルス対策も担う。

また衆院当選3回の女性2人を抜擢し、牧島かれん衆院議員(44)をデジタル相、ワクチン担当相兼五輪相に堀内詔子(のりこ)環境副大臣(55)をそれぞれ採用する。女性の閣僚は、少子化担当相に充てる野田聖子元総務相(61)を含め3人となる。万博相には若宮健嗣元防衛副大臣(60)を登用する。

参院議員の3氏も初入閣組だ。二之湯智参院政審会長(77)は国家公安委員長、末松信介参院国対委員長(65)は文科相、金子原二郎元参院予算委員長(77)は農林水産相に充てる。国土交通相には公明党の斉藤鉄夫副代表(69)を起用する。

事務担当の官房副長官に栗生(くりゅう)俊一元警察庁長官を充てる人事も内定した。首相秘書官は、筆頭格を嶋田隆・元経産事務次官が務めるほか、財務省の宇波弘貴主計局次長、経産省の荒井勝喜商務情報政策局長、外務省出身の中込正志国家安全保障局担当内閣審議官、岸田事務所の山本高義政策秘書らを起用する。

岸田氏は14日に衆院を解散する意向を固めた。