衆院選後に補正予算編成 自民・甘利幹事長が言及

自民党の甘利明幹事長(春名中撮影)
自民党の甘利明幹事長(春名中撮影)

自民党の甘利明幹事長は3日のNHK番組で、次期衆院選後にただちに大型の経済対策となる令和3年度補正予算案の編成に着手する考えを示した。「新型コロナウイルス対策や経済再生、デジタルトランスフォーメーション(DX)などのメニューがあり、迅速に取り組みたい」と述べた。「国民が不安を抱いたまま年を越すということがないように施策をしっかりやる」とも強調した。

岸田文雄総裁は党総裁選直後の記者会見で、数十兆円規模の経済対策を実施する考えを示している。

甘利氏は、衆院選での獲得議席の目標について「与党で政権を維持し、より安定できる数にもっていくことが総裁と幹事長の役割だ」とも語った。

4日発足する岸田文雄政権の陣容に関しては「(岸田氏は)党の人材の英知を集め、世界の先陣を切ることを心がけている。組閣は『岸田イズム』が反映されたものになると思う」などと語った。