マイクロプラスティックは、乳児の体内にも蓄積されている:研究結果(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

マイクロプラスティックは、乳児の体内にも蓄積されている:研究結果

微小なプラスティック粒子であるマイクロプラスティックが乳児の体内にも蓄積されていることが、研究結果から明らかになった。乳児の使用済みおむつを調べたところ、成人の約10倍に相当する量のポリエチレンテレフタレート(PET)が見つかったという。この事実からは、さまざまな憂慮すべき問題が浮き彫りになってくる。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED(US)

プラスティック袋やペットボトルは、劣化すると必ず微小なかけらへと崩壊し、環境のありとあらゆる場所へと入り込む。合成繊維の衣類を洗濯すると、プラスティックの微小な繊維が分離して海へと流れ出す。クルマを運転するたび、タイヤやブレーキからプラスティックの破片が飛散する。

こうした理由で、科学者がどこを調査しても、長さ5mm未満の合成素材の総称であるマイクロプラスティックが見つかる。どれだけ人里離れた山頂でも、どれほど深い海の底でもだ。

マイクロプラスティックは風に乗って途方もない距離を移動し、北極圏のようなかつて手付かずだった土地を汚染する。米西部にある11の自然保護区には毎年、粉砕されたペットボトル1億2,000万本分に相当するマイクロプラスティックが蓄積されているという。

そしてマイクロプラスティックは、いまや赤ちゃんからも見つかっている。9月22日付で発表された初期段階の研究結果によると、研究チームは乳児の使用済みおむつを調べ、1gの糞便につき平均36,000ナノグラムのポリエチレンテレフタレート(PET)を発見したという。これは成人の糞便に含まれる量の10倍に相当する。

PETは新生児の最初の糞便(胎便)からも見つかった。PETは非常に用途の広いポリマーであり、衣類に使われる場合はポリエステルと呼ばれ、ペットボトルの原料にもなる。また、前年には別の研究チームが、プラスティック容器で粉ミルクを溶かすと素材が著しく劣化し、1日に数百万個、年間では10億個近くのマイクロプラスティック粒子を赤ちゃんに摂取させることになるという試算を発表している。

乳児がマイクロプラスティックに晒される理由

成人のほうが体は大きいが、いくつかの理由で乳児はより多くのマイクロプラスティックに晒されていると、研究者たちは考えている。哺乳瓶からの摂取だけでなく、赤ちゃんがマイクロプラスティックを体内に取り込む方法は枚挙にいとまがない。

赤ちゃんは何でも口に入れようとする。プラスティックのおもちゃはもちろん、繊維製品もそうだ(合成織布から抜け落ちたマイクロプラスティックにはマイクロファイバーという別の呼び名があるが、プラスティックであることに変わりはない)。

それに離乳食は使い捨てプラスティックで包装されている。子どもはプラスティックカップで飲み物を飲み、プラスティックのお皿で食事をとる。ハイハイする時に下に敷かれているカーペットの素材は、ポリエステルであることが多い。硬材のフローリングでさえ、ポリマーのコーティングからマイクロプラスティックが剥離する。