共産、予算委求め牽制 「選挙前、争点明確に」

共産党の志位和夫委員長(春名中撮影)
共産党の志位和夫委員長(春名中撮影)

共産党の志位和夫委員長は2日、自民党の岸田文雄総裁が首相指名後に臨む国会審議と衆院解散日程に関し「代表質問だけでなく一問一答の予算委員会を開き、国政の争点をはっきりさせて国民の審判を仰ぐべきだ」と述べ、新政権を牽制した。東京都内で記者団の取材に答えた。

国民民主党の玉木雄一郎代表は、岸田氏が進める閣僚・自民党役員人事について「一皮むいたら安倍内閣リターンズだ。衆院選で野党が勝たないと政治を変えられない」と強調した。長崎市で記者団に述べた。