千葉県では3人が転倒し軽傷 台風16号被害

台風16号の影響で氾濫した落合川。佐室川の本流に当たる=1日午後1時半ごろ、千葉県いすみ市(県提供)
台風16号の影響で氾濫した落合川。佐室川の本流に当たる=1日午後1時半ごろ、千葉県いすみ市(県提供)

千葉県は2日、1日に接近した台風16号による被害状況をまとめ、災害対策本部会議で報告した。

人的被害では、県内で3人が軽傷を負った。いずれも風にあおられて転倒したことによるもので、それぞれ柏、習志野、銚子の各市内で起きた。

住宅の被害では、いすみ市で1棟が床上浸水。銚子市で1棟の外壁の一部が損壊した。

また、君津市西粟倉の国道465号で法面が崩落し、通行止めに。県は2日朝から安全点検を実施し、復旧作業中だ。

1日に氾濫したいすみ市佐室の落合川は、水位の低下が確認された。

2日の対策本部会議で熊谷俊人知事は、「引き続き詳細な被害状況の把握に務め、必要な対策を適切に実施していただきたい」と指示した。