カメラマン日記

入水、渋野選手の選択は?

18番ホール、入水を試みるもスタンスをとるのは難しいと判断する渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、入水を試みるもスタンスをとるのは難しいと判断する渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)

台風16号の接近に伴う悪天候のため、2日に順延された日本女子オープン選手権の第2ラウンドが、栃木県烏山城CC(6550ヤード、パー71)で行われました。

4位から出た渋野日向子選手は、スタートホールの10番でダブルボギーを叩くなどスコアを4つ落として迎えた前半最後の18番(パー4)でティーショットを放ちましたが、ボールは左方向へ出て、池のふちギリギリに。渋野選手は靴下を脱ぐと入水し、スタンスがとれるか確認しましたが、足元が不安定だったためか断念。アンプレヤブルを宣言し、1罰打を加えて3打目を放ちました。

18番ホール 池のふちに止まったボールを指差す渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール 池のふちに止まったボールを指差す渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)

ボールはグリーンを捉え、ピンまでは約10メートル。これを決めた渋野選手はパーをセーブしました。

後半は1バーディー、1ボギーと粘り、通算1オーバーの33位で予選を通過しました。

3週連続優勝を目指し、通算9アンダーでこの日トップに立った西村優菜選手とは10打差となっていますが、大会はまだ2日残っています。

18番ホール、靴下を脱ぐ渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、靴下を脱ぐ渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、靴下を脱いだ渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、靴下を脱いだ渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、入水を試みる渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、入水を試みる渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、入水を試みる渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、入水を試みる渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、入水を試みるもスタンスをとるのは難しいと判断した渋野日向子=栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、入水を試みるもスタンスをとるのは難しいと判断した渋野日向子=栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、靴下を履き直す渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、靴下を履き直す渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
2クラブレングスを計測し、ボールをドロップする渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
2クラブレングスを計測し、ボールをドロップする渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、1打罰を加え第3打を放つ渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)
18番ホール、1打罰を加え第3打を放つ渋野日向子 =栃木県那須烏山市の烏山城カントリークラブ(撮影・戸加里真司)