石破氏、衆院選でも「小石河連合」 派閥も存続

石破茂元幹事長=9月29日午後、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(奥原慎平撮影)
石破茂元幹事長=9月29日午後、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪(奥原慎平撮影)

自民党の石破茂元幹事長は1日、総裁選で河野太郎ワクチン担当相を支援した議員が次期衆院選で当選できるように、河野氏や小泉進次郎環境相と役割分担して応援に回る考えを示した。名字の頭文字を取って「小石河連合」と言われる3人が、高い知名度を生かして連携する形だ。石破派(水月会)を存続させる意向も示した。鳥取県庁での記者会見で語った。

石破氏は「派閥ではないが、思いを同じにする人たちの交わりは総裁選だけでやめにしてはいけない」と強調した。一方で、3人を筆頭とするグループ結成については「そういう話はしていない。選挙が終わって新しい勢力分布になってから考えていくことではないか」と述べるにとどめた。