ボート操縦の会社役員起訴 猪苗代湖3人死傷事故

福島県会津若松市の猪苗代湖で昨年9月、プレジャーボートに突っ込まれた8歳男児が死亡、2人が重傷を負った事故で、福島地検は1日、業務上過失致死傷罪で、ボートを操縦していた会社役員、佐藤剛容疑者(44)=同県いわき市=を起訴した。地検は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、逮捕時から否認を続けている。

起訴状によると、佐藤被告は昨年9月、猪苗代湖で前方の安全確認が不十分なまま漫然とボートを航行。水上レジャーのためライフジャケットを着て湖面に浮かんでいた3人を船尾のスクリューに接触させて、千葉県野田市の小学3年、豊田瑛大君を脳損傷などで死亡させ、母親の両脚が切断されるなど2人に重傷を負わせたとしている。

遺族は弁護士を通じて「被告には瑛大と私たちの無念さに真摯に向き合ってほしい。公開の法廷で真実が明らかになることを強く願っている」とのコメントを出した。