東日本太平洋側で大荒れ 台風16号、災害警戒続く

緊急事態宣言が解除。雨の中通勤する人たち=1日午前8時2分、JR東京駅前(酒巻俊介撮影)
緊急事態宣言が解除。雨の中通勤する人たち=1日午前8時2分、JR東京駅前(酒巻俊介撮影)

大型で非常に強い台風16号は1日、伊豆諸島近海を進み、東日本の太平洋側沿岸も天気が大荒れとなった。台風の影響は長時間に及び、1日は関東を中心に非常に激しい雨が降る場所があるほか、東北の太平洋側沿岸は2日明け方にかけて暴風が続く見通し。気象庁は災害に厳重な警戒を呼び掛けている。

気象庁によると、1日午前には三宅島で33・8メートル、静岡県東伊豆町で31・0メートルの最大瞬間風速を観測したほか神津島で1時間に34・5ミリ、千葉県勝浦市で33・5ミリの激しい雨が降った。

台風16号は1日午前9時現在、八丈島の南南東約160キロの海上を時速約35キロで北東に進んだ。中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心の北西側310キロ以内と南東側280キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。今後は次第に速度を上げながら日本から離れ、2日夜には温帯低気圧に変わる見込み。