横浜点滴連続中毒死、「すべて間違いありません」 初公判 起訴内容認める

点滴連続中毒死事件が起きた旧大口病院(現横浜はじめ病院)=9月、横浜市神奈川区
点滴連続中毒死事件が起きた旧大口病院(現横浜はじめ病院)=9月、横浜市神奈川区

平成28年に横浜市の旧大口病院(現・横浜はじめ病院、休診中)で起きた点滴連続中毒死事件で、患者3人に対する殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の裁判員裁判初公判が1日、横浜地裁で開かれた。久保木被告は罪状認否で「すべて間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。

起訴状によると、28年9月15~20日ごろ、同病院に入院中の70~80代の男女3人の点滴袋などに消毒液「ヂアミトール」を混入させて中毒死で殺害。ナースステーションに保管されていた点滴袋5袋にも混入させ、他の複数の患者を殺害する準備をしたとしている。

被告は捜査段階で「2カ月ほどの間に20人くらいやった」と供述。事件の動機については「自分の勤務中に患者が亡くなると、遺族が説明に納得してくれるか不安だった」としていた。