震災犠牲者の身元判明 宮城県石巻市の92歳女性

宮城県警は1日、気仙沼市で平成26年11月22日に見つかり、東日本大震災の犠牲者の遺体として収容していた大腿骨が石巻市の佐々木ふくのさん=震災当時(92)=のものと判明したと発表した。

県警によると、遺骨は志津川湾の震災がれきの選別作業中に見つかった。震災10年を機に県警が資料を再点検したところ、大腿骨と石巻海上保安署が保管していた身元不明の別の遺骨とDNA型が一致していることが判明。発見状況などの情報交換を進め、身元特定につながった。

県警によると、佐々木さんは自宅から避難途中に津波に巻き込まれたとみられる。県警が保管していた遺骨は、9月30日に気仙沼市が佐々木さんの長男に引き渡した。