東・北日本で暴風雨恐れ 1日に伊豆諸島最接近へ

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

大型で非常に強い台風16号は29日、日本の南の海上を北上した。勢力を維持して10月1日には伊豆諸島に最接近する見込みで、東・北日本の太平洋側でも暴風や非常に激しい雨の恐れがある。気象庁は土砂災害、低地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けている。

気象庁によると、1日夕方までの24時間予想雨量は伊豆諸島200~300ミリ、東海、関東100~150ミリ、東北50~100ミリ。1日の予想最大風速(予想最大瞬間風速)は伊豆諸島30~40メートル(40~60メートル)、関東25~29メートル(35~45メートル)、東北20~24メートル(25~35メートル)。

海も荒れ、南西諸島は30日にかけ、西日本太平洋側や小笠原諸島は1日にかけ、東日本から東北の太平洋側は2日にかけて注意が必要になる。特に1日の伊豆諸島は猛烈なしけになりそうだ。

30日までに予想される波は伊豆諸島、小笠原諸島8メートル、沖縄7メートル、奄美、近畿、東海6メートル。1日は伊豆諸島11メートル、東海、関東、小笠原諸島8メートル、近畿、東北6メートル。