みずほ銀で外為取引遅れ 8回目のシステム障害

みずほ銀行本店=東京都千代田区(桐山弘太撮影)
みずほ銀行本店=東京都千代田区(桐山弘太撮影)

みずほ銀行は30日、システムの不具合で外国為替取引の処理に遅れが出ていることを明らかにした。件数や原因は確認中としている。みずほ銀のシステム障害は今年に入って8回目となる。9月22日に金融庁から業務改善命令を受けたばかりだった。

みずほ銀によると、送金や送金受け取りの処理で遅れが出ている。30日中に処理ができない場合などは顧客に個別に連絡して対応する。

みずほ銀では2月から3月にかけて4回のシステム障害が発生。6月に再発防止策を公表してシステムの総点検を進めるなどしてきたが、8月以降もシステム障害が続いている。