立民、野党4党首と会談 首相指名 国民のみ拒否

党首会談に臨む立憲民主党の枝野幸男代(中央右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)=30日午前、国会内(春名中撮影)
党首会談に臨む立憲民主党の枝野幸男代(中央右)と国民民主党の玉木雄一郎代表(同左)=30日午前、国会内(春名中撮影)

立憲民主党の枝野幸男代表は30日、共産、国民民主、社民、れいわ新選組の野党4党首と個別に会談し、衆院選に向けた共闘を確認した。共産とは政権交代後の協力枠組みなどで合意し、一体感を深めたが、国民には次の臨時国会の首相指名選挙で枝野氏に投票することを拒まれ、足並みの乱れも露呈した。

「全面的に賛同する。代表の決断に敬意を表する」

共産の志位和夫委員長は党首会談で、枝野氏の提案をもろ手を挙げて歓迎した。自公政権打倒後の新政権への共産の関与の形として「閣外協力」が盛り込まれていたためだ。

共産は、次期衆院選での立民との共闘について「選挙協力をやる以上は、政権協力の合意が不可欠になる」(志位氏)と主張。閣内協力か閣外協力かを問わず、衆院選前に政権協力のあり方に合意するよう枝野氏に求め続けていた。

枝野氏の提案は、立民、共産、社民、れいわの4党が安全保障関連法の廃止を求めるグループ「市民連合」と合意した共通政策を実現する範囲での、共産の「限定的な閣外からの協力」を規定していた。

共通政策の実現に協力するのは当然だが、志位氏は党首会談後の記者会見で「共産党が協力する政権を目指していこうという合意は初めてだ」と強調。会談での合意を「画期的だ」と評した。

志位氏はこの合意を踏まえ、首相指名選挙について党首会談で「こういう方向になった以上、当然、枝野氏に投票する」と明言。選挙区での立民との候補者一本化を柱とする選挙協力についても「速やかな協議を進めたい」と記者会見で述べた。

枝野氏は社民の福島瑞穂党首、れいわの山本太郎代表との会談でも、枝野氏への投票に同意を得た。

だが、国民の玉木雄一郎代表は「われわれとしては独自に行かしてもらいたい」として枝野氏への投票を拒み、同党として玉木氏に投票する考えを伝えた。

昨年9月とは異なる国民の対応について枝野氏は「できれば『枝野』と書いていただけないかと申し入れたが、それぞれの党はさまざまな事情を抱えている」と国会内で記者団に語った。(原川貴郎)

会員限定記事会員サービス詳細