サルコジ元仏大統領、また禁錮判決 選挙不正会計で

サルコジ元大統領(ロイター=共同)
サルコジ元大統領(ロイター=共同)

【パリ=三井美奈】パリの裁判所は30日、サルコジ元仏大統領に対し、2012年の大統領選の不正会計事件をめぐり、禁錮1年の実刑判決を下した。選挙活動費を法定上限より約2千万ユーロ(約26億円)超えて支出し、選挙法違反の罪にあたると断じた。

サルコジ被告に対する実刑判決は、2度目。今年3月には別の事件で、贈賄罪により禁錮3年(うち2年は執行猶予)の判決を受け、控訴している。

今回の事件では、選挙陣営が超過支出の隠蔽(いんぺい)をしていた疑惑が発覚。サルコジ被告は関与を否定していたが、法廷は「不正を認識できる立場にいた」と判断した。被告弁護人は控訴すると表明した。

サルコジ被告は12年の大統領選で再選を目指したが、社会党のオランド前大統領に敗れた。