阪神、広島相手に手痛い3連敗 中軸打者の迫力不足響く

【阪神ー広島】九回、得点機に内野ゴロに倒れる阪神の大山。投手は栗林=9月30日、甲子園球場(門井聡撮影)
【阪神ー広島】九回、得点機に内野ゴロに倒れる阪神の大山。投手は栗林=9月30日、甲子園球場(門井聡撮影)

一回に2点を先行しながらリードを守れず、阪神は終盤に競り負けた。9月30日に甲子園球場で行われた広島戦で4-5の敗戦。ペナントレースの勝負どころで、あまりに手痛い同一カード3連敗となった。

1点を追う九回2死一、二塁で頼みの4番大山が平凡な遊ゴロ。矢野監督は「いいところで本塁打が出てくれたらムード的には楽になるけど、ずっと競って競ってで、1本が出ない。打線で勢いが出ればいいんだろうけど」と悔やんだ。

四回に育成出身の2年目の小野寺にプロ初本塁打が飛び出したが、広島の主砲の鈴木誠が2打席連続本塁打と貫禄を示したのに比べ、阪神は中軸を担う打者に迫力不足は否めない。

「俺たちだけが苦しいんじゃない。他の優勝争いしているチームも苦しい。俺らはチャレンジャー。向かっていく姿勢がより問われる」。指揮官は落ち込む暇なく、ナインに向けて奮起を促した。(上阪正人)