美少女Vチューバー 「表現の自由」論争過熱

Vチューバーの戸定梨香©Art Stone Entertainment
Vチューバーの戸定梨香©Art Stone Entertainment

千葉県警が交通ルール啓発動画に起用したバーチャルユーチューバ―(Vチューバ―)の女性キャラクターについて、全国フェミニスト議員連盟が「性的だ」と問題視し、削除される事態に発展した。近年、公的機関による〝萌(も)え系美少女キャラ〟の起用に対しては同様の批判が相次ぎ、取り消しに至るケースも少なくない。キャラクターを制作した芸能事務所の女性は議連の批判に疑義を呈しており、表現の自由をめぐる論争が巻き起こっている。

期間終了前に動画削除

「なりたい自分になれるのがVチューバー。性的なものは意図していない。見た目だけで判断されるのは納得がいかないし、それこそ女性蔑視ではないか」

渦中のVチューバー「戸定梨香(とじょう・りんか)」を制作した芸能事務所(千葉県松戸市)の板倉節子代表取締役は、産経新聞の取材にこう主張した。自身のツイッターでも同趣旨の持論を展開している。

Vチューバーは、動画を配信する人の動作や表情などに合わせて動くコンピューターグラフィックス(CG)のキャラクター。戸定梨香は昨年4月、新型コロナウイルス下のエンターテインメントを模索していた同事務所から、松戸市のご当地アイドルとしてデビューした。

交通安全の啓発動画は県警松戸署の依頼を受けて同事務所が制作し、今年7月に公開。赤と白のセーラー服のような衣装を着た戸定梨香が、自転車に乗った際の安全確認や保険加入の重要性を説明し、「ルールを守って正しく利用しましょう」と呼びかける内容だ。

ところが9月上旬、県警は抗議を受けたことだけ事務所側に説明し、掲載期間終了前に動画を削除した。板倉さんは間接的に議連が抗議したことを知ったという。

議連は県警などに宛てた8月26日付抗議書で「体を動かす度に大きな胸が揺れる」「極端なミニスカートで、女子中高生だと印象付けて、性的対象物として強調している」と問題視。板倉さんは「何度読んでも意味がわからない」と困惑を隠さない。

「言ったもん勝ち」

美少女キャラをめぐっては近年、起用した公的機関への批判が相次いでいる。

平成26年に三重県志摩市が、海女(あま)を目指す17歳という設定で白い衣装をまとう「碧志摩(あおしま)メグ」をPRキャラに公認した際は、「胸や太ももを強調しすぎだ」などとインターネットで炎上騒ぎになり、同市が公認を取り消した。