金正恩氏が南北通信の再開表明 米韓揺さぶり本格化

最高人民会議で施政演説をする北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記=29日、平壌(朝鮮中央通信=共同)
最高人民会議で施政演説をする北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記=29日、平壌(朝鮮中央通信=共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は29日、国会に当たる最高人民会議で施政演説を行い、韓国との関係悪化で断絶していた南北間の通信連絡線を10月初めから復元すると表明した。バイデン米政権に対しては「軍事的な威嚇と敵視政策は少しも変わらない」と批判し、対話の呼び掛けを拒否する立場を示した。朝鮮中央通信が30日に報じた。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が来年5月までの任期内の南北関係改善を目指す韓国を先に取り込む一方、バイデン政権は突き放すという態度の使い分けで米韓への揺さぶりを本格化させた形だ。

南北は7月、通信線を約1年ぶりに復旧させたが、北朝鮮が8月の米韓合同軍事演習に反発し、定時連絡を再び遮断。韓国側は「通信線の復旧が関係改善の第一歩だ」とみてきた。

正恩氏は、文氏が国連演説で提案した朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言については、北朝鮮のミサイル実験だけを非難する二重的な態度と、米韓演習などの敵視政策を「まず撤回すべきだ」と要求。南北関係が発展するのか悪化が続くのかは「南朝鮮(韓国)当局の態度いかんにかかっている」と文政権に行動で示すよう迫った。

正恩氏は「敵対勢力の軍事的な策動を徹底して抑止する威力ある新兵器開発に拍車を掛けている」とも述べ、韓国への対話攻勢の一方で、軍備増強を続ける姿勢を誇示した。

最高人民会議では、国家の重要政策を決める国務委員に正恩氏の妹の金与正(ヨジョン)党副部長を選出するなど、大幅な人事の刷新も行われた。

会員限定記事会員サービス詳細