五輪関係車両でひき逃げ ボランティアを書類送検

警視庁=東京都千代田区霞が関
警視庁=東京都千代田区霞が関

東京五輪のボランティアの男性が運転する大会関係車両が五輪期間中、東京都内の首都高で事故を起こしそのまま走り去っていた問題で、警視庁は30日、道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、車を運転していた川崎市の会社員の男(56)を書類送検した。

捜査関係者によると、男は大会関係者を乗せたワゴン車を運転し、首都高を走行していた8月1日午後6時ごろ、江東区内でトラックに、江戸川区内で軽ワゴンにそれぞれ衝突し、軽ワゴンに乗っていた女性2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げた疑いが持たれている。千葉県内の関係先に向かう途中だった。

男は「関係者を送ることを優先した。腹痛で意識がもうろうとしていた」と容疑を認めており、事故後に病院で「腹部動脈瘤(りゅう)破裂」と診断されたという。