「ゴルゴ13」連載は継続 さいとうさんの遺志継ぎ

さいとう・たかをさん(桐山弘太撮影)
さいとう・たかをさん(桐山弘太撮影)

24日に死去した漫画家さいとう・たかをさんの代表作「ゴルゴ13」を掲載する小学館の漫画誌ビッグコミック編集部は29日、公式サイトで、制作スタッフと編集部が協力して連載を継続するとのコメントを公表した。

さいとうさんは生前から「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」と希望しており、その遺志を継ぐという。

サイトによると、さいとうさんは漫画を分業で制作するシステムの構築にいち早く注力。「ゴルゴ13」も脚本協力、作画などを各分野のプロフェッショナルが担当した。さいとうさん自身は構成、作画、脚本などをこなしつつ、全体を指揮していたという。

「ゴルゴ13」は、今年7月に単行本201巻が発売され、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定された。最新刊は9月発売の202巻。