現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

9月29日


ハリウッド映画の「アンタッチャブル」は、100年前、禁酒法が施行中の米国が舞台となる。ギャングによるウイスキーの密造、密輸が横行していた。巨額の利益をめぐる抗争を制して暗黒街を牛耳ったのが、アル・カポネである。

▼財務省特別捜査官エリオット・ネスの率いるチームが、カポネの脱税を暴き有罪判決を勝ち取る。ラストシーンで、ケビン・コスナーさん演じるネスが、新聞記者の質問に答えている。「禁酒法が廃案になりそうです。どうします?」「飲みにでも行くさ」。

ランキング

  1. 【産経抄】2月1日無料プラン記事

  2. 【風を読む】「かぐや姫」もびっくり 教研集会の事例 論説副委員長・沢辺隆雄有料プラン記事

  3. 【主張】予算委と少子化 「児童手当」に終始するな

  4. 【主張】日産・ルノー合意 対等な関係で協業深めよ

  5. 【ソウルからヨボセヨ】韓国のファクス活用法

  6. 【正論】経済と安保の「中庸」を模索せよ 双日総合研究所チーフエコノミスト・吉崎達彦無料プラン記事

  7. 【産經抄】1月31日無料プラン記事

  8. 【浪速風】歴史を変えた伝統芸能

  9. 【iRONNA発】杉田水脈が見た 共産党を支える公務員労働組合の「正体」 杉田水脈(前衆議院議員)

  10. 【産経抄】1月30日無料プラン記事