北朝鮮が発射したのは極超音速ミサイル 日米韓に新たな脅威

極超音速ミサイル「火星8」の発射実験=28日、北朝鮮慈江道(朝鮮中央通信=共同)
極超音速ミサイル「火星8」の発射実験=28日、北朝鮮慈江道(朝鮮中央通信=共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、同国の国防科学院が28日、新たに開発した極超音速ミサイル「火星8」の初の発射実験を内陸部の慈江道(チャガンド)で行ったと報じた。実験の結果、「目標としていた全ての技術的指標が設計上の要求を満たした」としている。

北朝鮮は28日朝、慈江道から日本海に向け、新型とみられる短距離ミサイル1発を発射していた。

極超音速ミサイルは、音速の数倍以上で飛行し、従来のミサイル防衛網では迎撃が困難とされる。北朝鮮の主張が事実なら、日米韓には新たな脅威となる。

実験では、ミサイルの制御と安定性、分離した弾頭部の誘導機動性や滑空飛行特性に加え、新たな燃料系統とエンジンの安定性を実証したという。

金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は今年1月の党大会で「極超音速滑空弾頭」の開発、導入に言及していた。朝鮮中央通信は、極超音速ミサイルについて、党大会で示された兵器開発5カ年計画の「戦略兵器部門の最優先5大課題」の一つだとし、その開発は「国家の防衛力を強化する上で大きな戦略的意義を持つ」と強調した。

発射実験には、軍事部門を統括する朴正天(パク・チョンチョン)党書記が立ち合い、金氏の参観は伝えられなかった。

また、平壌では28日、国会に当たる最高人民会議の初日の会議が開かれ、法案の討議などが行われたことも報じられた。