中国、岸田氏勝利に「安定的な発展望む」

中国外務省の華春瑩報道官=北京(共同)
中国外務省の華春瑩報道官=北京(共同)

【北京=三塚聖平】岸田文雄氏が自民党総裁に選出されたことについて、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は29日の記者会見で「それぞれの分野で実務的な協力を深め、中日関係を正しい軌道に沿って健全で安定した発展へと推し進めたい」と述べた。

菅義偉政権下で日本が米国と対中圧力を強めていることに習近平政権は反発しており、岸田氏との間で日中関係の仕切り直しを図りたい考えとみられる。

中国メディアは岸田氏の勝利から間を置かずに速報しており、日本の次期政権に対する関心の高さがうかがわれる。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(電子版)は29日、岸田氏について「本来はハト派だ」とし、「政権を握れば、必ずしも極端な右翼路線はとらないだろう」という識者の見方を紹介した。