【フォト特集】北斎の版画用下絵103点初公開へ 大英博物館 - 産経ニュース

メインコンテンツ

フォト特集

北斎の版画用下絵103点初公開へ 大英博物館

ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)
ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)

ロンドンの大英博物館で江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849年)の展覧会が30日から始まるのを前に、メディア向け内覧会が28日行われた。2019年にパリで見つかった北斎の未完作の版画用下絵103点を初公開。展示は来年1月末まで。博物館のホームページ上でも無料公開されている。

28日、ロンドンの大英博物館で開催された葛飾北斎の作品の内覧会(共同)
28日、ロンドンの大英博物館で開催された葛飾北斎の作品の内覧会(共同)

はがき大の下絵について博物館のアルフレッド・ハフト学芸員は、中国やインド、自然界を題材としているほか、神話や歴史、物語上の人物なども描いており、北斎が「あらゆることに興味を抱いていた」ことが分かると説明。1820~40年代に制作されたとみられるが「どうやって日本から欧州に渡ったのかは、依然謎だ」としている。(ロンドン共同)

ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)
ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)
ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)
ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)
ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)
ロンドンの大英博物館で公開される葛飾北斎の版画用下絵(共同)
28日、ロンドンの大英博物館で開かれた内覧会で、葛飾北斎の下絵を見る人(共同)
28日、ロンドンの大英博物館で開かれた内覧会で、葛飾北斎の下絵を見る人(共同)
28日、ロンドンの大英博物館で、葛飾北斎の下絵について説明するアルフレッド・ハフト学芸員(共同)
28日、ロンドンの大英博物館で、葛飾北斎の下絵について説明するアルフレッド・ハフト学芸員(共同)