アフガン軍崩壊「驚いた」 米国防長官が初議会証言

オースティン米国防長官(ロイター=共同)
オースティン米国防長官(ロイター=共同)

米上院軍事委員会は28日、アフガニスタン駐留米軍撤収と今後の対テロ作戦についてオースティン国防長官らを呼び公聴会を開いた。オースティン氏は、アフガン政府軍がイスラム主義組織タリバンと戦わずに崩壊したことに「驚いた」と述べ、幹部の腐敗があったと主張した。8月30日の撤収完了後、オースティン氏が議会で証言するのは初めて。

公聴会で証言した米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は、アフガン政府軍の崩壊の兆しを見落としていたと言及。「われわれは引き続き、テロリストの攻撃から米国を守る」と強調した。

米軍はタリバンがアフガンの実権を掌握する時期を見誤り、米国人らの退避支援が続いている。米軍撤退の完了間際に過激派を狙った無人機による攻撃も誤爆となり、無関係の子どもらが死亡。与野党から批判を浴びている。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細