「もう一度、自由に、楽しんで」スポーツクライミングの楢崎智、パリ五輪へ始動

金メダルが期待されていた東京五輪。メダルなしの4位という結果に終わった。楢崎智は「正直、五輪で失敗した実感がなく、フワフワしていた」と振り返る。閉会式の翌日から、本格的に練習を再開したが、目的意識を持って登ることができずにいたという。「初めの1週間くらいは、取りあえず楽しく登ることから始めた」。弟の明智らと一緒に「みんなでワイワイと何も考えずに登っている中でやっぱり楽しいなという思いが出てきた」という。

世界選手権男子ボルダリング決勝で2位に入った楢崎智亜=モスクワ(AP)
世界選手権男子ボルダリング決勝で2位に入った楢崎智亜=モスクワ(AP)

好きな言葉は「自由」と「遊び心」。身体能力の高さに加え、豊かな発想力で数々の課題(コース)をクリアしてきた。しかし、初めての五輪の舞台は、どこかいつもと違っていた。「普段は緊張しないで戦うことが多かったが、すごく緊張した表情で登ることが増えてしまっていた」と気づいた。

「もう一度、楽しんで登る姿や何かにとらわれず自由に登る姿を見てほしい。自分らしさや強さを発揮できるような選手になりたい」。3年後のパリ五輪に向け、世界の頂上を目指す戦いが始まった。(運動部 神田さやか)