世界記録樹立のこん棒贈呈 製作した東京の高校に

小谷実可子さん(右)から世界新記録を樹立したこん棒を受け取る都立工芸高校の卒業生=29日午後、文京区(浅上あゆみ撮影)
小谷実可子さん(右)から世界新記録を樹立したこん棒を受け取る都立工芸高校の卒業生=29日午後、文京区(浅上あゆみ撮影)

東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、パラ大会の陸上女子「こん棒投げ」競技で、世界新記録が出た際に使用された競技備品「こん棒」を、製作した東京都立工芸高校(文京区)に贈呈した。

製作したのは同校定時制課程インテリア科の生徒13人。国内にこん棒を製作するメーカーがなかったことから、組織委が同校に依頼。東京パラ大会では、生徒が作ったこん棒を投げたルザ・コザコフスカ選手(ポーランド)が28・74メートルで世界新記録を樹立し、金メダルを獲得した。

生徒らは選手の手の大きさや障害の程度に合うように、4種類の持ち手のこん棒を開発。ブナの木の角材から約8カ月かけて20本を製作し、パラ大会で実際に使用されたこん棒の一部となった。

こん棒投げとは、握力が弱くやり投げや砲丸投げができない選手のための競技。ボウリングのピンのような形のこん棒を投げて飛距離を競う。

この日は組織委の小谷実可子スポーツディレクターが同校を訪れ「心のこもった作品がアスリートの最高の瞬間を作り上げた。若い力が大会を支えてくれた」とあいさつ。こん棒を製作した卒業生の西沢直斗さん(21)らに手渡した。

西沢さんは、「新記録が出たのは製作者としてうれしいの一言」と笑顔。卒業後は千葉県にあるみこし製作会社に就職したといい、「大会に携われたことは自分の大きな力になった」と語った。