THE古墳

箸墓の主は…卑弥呼、次の女王それとも「男王」

邪馬台国(やまたいこく)の女王、卑弥呼(ひみこ)の墓との説が戦前から唱えられている最古の巨大前方後円墳の箸墓古墳(3世紀後半、墳丘長約280メートル)。宮内庁は第7代孝霊天皇の娘、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓として祀(まつ)る。多くの陵墓が天皇や皇子という男性を被葬者とするなか、舌をかみそうな、どこか謎めいた名の女性というところが、卑弥呼へのロマンをかきたてる。ただし、築造年代などから、卑弥呼の次の女王「臺与(とよ)」、さらに次の「男王」との説もあり議論は尽きない。古墳に眠る主は?


ランキング

  1. 村上茉愛、有終V「金メダルは最高のご褒美」

  2. 31歳元巨人投手を暴行容疑で逮捕 和歌山

  3. 自民、参院補選1勝1敗 山口勝利、静岡競り負け

  4. 内村ふわり、会心の着地「これ以上ない。やりきった」

  5. 体操村上が引退表明 東京五輪床運動で「銅」

  6. 奥日光の紅葉が見ごろ

  7. 【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(845)あと1週間、総選挙「最終予測」

  8. 【歴史の交差点】孝明天皇の死因 神田外語大学客員教授 山内昌之

  9. 6歳児、山中で一時不明に 岐阜、祖父と登山の帰り

  10. 体長1メートルのトカゲ逃走 アパートで放し飼い 岡山