自民党総裁選 千葉県連は党員投票で河野氏トップ 高市氏、岸田氏上回る

河野太郎ワクチン担当相(春名中撮影)
河野太郎ワクチン担当相(春名中撮影)

事実上の次の首相を決める自民党総裁選で、千葉県連は29日午前、千葉市内で党員投票の開票作業を行い、河野太郎氏が1万617票でトップだった。これに高市早苗氏が4939票、岸田文雄氏が4712票、野田聖子氏が1778票で続いた。

投票総数は2万2098票で投票率は66・16%。無効票は52票だった。