御手洗キヤノン会長「ただちに強力な内閣発足を」

【自民党総裁選2021】自民党総裁選挙で新総裁に選出され会場の祝福に応える岸田文雄前政調会長=29日午後3時4分、東京都港区・グランドプリンスホテル新高輪(春名中撮影)
【自民党総裁選2021】自民党総裁選挙で新総裁に選出され会場の祝福に応える岸田文雄前政調会長=29日午後3時4分、東京都港区・グランドプリンスホテル新高輪(春名中撮影)

29日の岸田文雄自民党新総裁の選出を受け、キヤノンの御手洗冨士雄会長兼社長(元経団連会長)はこの日、「わが国が直面する難局の打開に向けて、ただちに強力な内閣を発足させ、重要政策を果断に実行されるよう強く望む」とコメントした。

日本を取り巻く環境について、御手洗氏は「内憂外患ともいうべき状況にある」と指摘。経済回復の遅れや米中関係の緊張に憂慮を示したほか、国内の課題として社会保障改革や財政再建を挙げた。長期安定政権を築き、諸外国との関係を強化することも求めた。