ケリー被告は「裏報酬の仕組み支えた」 ゴーン事件公判で検察指摘

カルロス・ゴーン被告(ロイター=共同)、グレゴリー・ケリー被告
カルロス・ゴーン被告(ロイター=共同)、グレゴリー・ケリー被告

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(67)=会社法違反罪などで起訴=の役員報酬を過少に記載したとして、金融商品取引法違反罪に問われた同社元代表取締役、グレゴリー・ケリー被告(65)の論告求刑公判が29日、東京地裁(下津健司裁判長)で開かれた。検察側はケリー被告の役割について「ゴーン被告に支払う『裏報酬』の仕組みを支えた」などと指摘した。求刑は午後に言い渡される見通し。

ゴーン被告は、保釈後の令和元年末にレバノンに逃亡。帰国するめどは立っておらず、ゴーン被告の報酬不正事件をめぐる公判は「主役不在」のまま審理が進められてきた。

起訴状などによると、ケリー被告はゴーン被告と共謀し、平成22~29年度のゴーン被告の役員報酬が計約170億円だったのに有価証券報告書には計約91億円少なく記載したとされる。