総裁選 千葉県の自民国会議員の投票先は誰に

投票用紙を郵送するために運び出す自民党千葉県連の関係者=17日、千葉市中央区(小野晋史撮影)
投票用紙を郵送するために運び出す自民党千葉県連の関係者=17日、千葉市中央区(小野晋史撮影)

事実上の次の首相を選ぶ自民党総裁選は29日、党所属国会議員による投開票と党員・党友票の開票が行われる。産経新聞千葉総局は、1人1票を持つ衆参両院の千葉県内国会議員17人にアンケートを行った。新総裁は、迫る総選挙の「顔」となるが、衆院議員では投票先として、小林鷹之氏(2区、二階派)が高市早苗氏、渡辺博道氏(6区、竹下派)が岸田文雄氏、斎藤健氏(7区、石破派)、桜田義孝氏(8区、二階派)、木村哲也氏(比例、無派閥)が河野太郎氏、出畑実氏(比例、二階派)が野田聖子氏と回答した。

参院議員では猪口邦子氏(麻生派)が岸田氏と回答した。猪口氏は渡辺氏とともに岸田氏の推薦人になっている。

猪口氏は取材に「助言が的確で、人の能力を引き出す力がある。国家をリードするにふさわしい。一緒に仕事をした私自身の経験からも自信を持って言える」と強調。前県連会長の渡辺氏はアンケートで「人の話をよく聞く。信頼ある政治をしてくれる人だ」と評価した。

小林氏は高市氏の推薦人になっている。アンケートでは「自分の政治信条や政策が、高市候補の国家ビジョン、政策と共感する点が多いため」と支持の理由を説明した。

出畑氏は野田氏の推薦人を務めており、「政策に賛同」を理由に挙げた。アンケートには投票先を明らかにしなかった県連会長の浜田靖一衆院議員(12区、無派閥)と元栄太一郎参院議員(竹下派)は野田氏の推薦人に名を連ねている。

河野氏に投票すると回答した桜田氏は党行政改革推進本部長を務めており、「河野行革大臣とは『行革』に関する政府と党のカウンターパートであり、応援する」と回答。木村氏は「厚生労働部会の副部会長の立場でワクチン供給をともに進めてきた。国民の意見を幅広く受け止め、政策実現に向けての突破力と発信力に期待」と回答した。斎藤氏は「総合的に考えた」とした。

他の衆参議員は「非公表」「未回答」などと説明。「党からアンケートへの回答の自粛を求められている」とした議員もいた。

総裁選は、国会議員の382票と全国の党員・党友らの投票数で配分が決まる382票の計764票をめぐって争われる。千葉県連は29日に県内の党員・党友らの投票結果を集計し、党本部に伝える。(小野晋史)