産経抄

9月28日

平成18年6月、大相撲夏場所で初優勝した大関白鵬は、首相官邸に招かれた。相撲ファンとして知られる当時の小泉純一郎首相は上機嫌だった。

▼「頂点に立ったら、厳しい横綱にならないとダメですよ。それにしても、東西横綱がモンゴル出身者になったら、チンギスハンの国の力士に征服されちゃうな」。2カ月後にモンゴル訪問を控えていた首相のリップサービスだったかもしれない。もっとも、モンゴル出身の力士、とりわけ白鵬による大相撲征服はやがて現実のものとなった。

▼横綱白鵬(36)の引退のニュースが昨日かけめぐった。45回の優勝をはじめ、横綱在位14年で84場所、幕内1093勝など、歴代最多の記録を次々に打ち立てた最強横綱がついに土俵を去る。右膝故障の回復が見込めないと判断したようだ。

ランキング

  1. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  2. 【主張】尾身氏の発言 いたずらに混乱させるな

  3. 【産経抄】1月22日

  4. 【主張】人権決議案 与党の「覚悟」が問われる

  5. 【正論】朝鮮民族は日本人が考えるような甘い民族ではない 韓国が企てる統一への反日戦略とは… 古田博司

  6. 【正論】画期的な「旧宮家からの養子」案 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

  7. 【浪速風】ときには「オオカミ少年」に

  8. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子

  9. 【産経抄】1月21日

  10. 【世界の論点】コロナ「反ワクチン派の自由」