緊急事態解除で認証店は午後9時まで、酒提供認める 分科会了承 - 産経ニュース

メインコンテンツ

緊急事態解除で認証店は午後9時まで、酒提供認める 分科会了承

新型コロナの基本的対処方針分科会に出席した田村厚労相(左)と尾身茂会長(右)=28日午前、東京都千代田区
新型コロナの基本的対処方針分科会に出席した田村厚労相(左)と尾身茂会長(右)=28日午前、東京都千代田区

政府は28日午前、新型コロナウイルスの基本的対処方針分科会を開き、コロナ特別措置法に基づき19都道府県に発令している緊急事態宣言と8県に適用中の蔓延防止等重点措置を30日の期限で解除する方針を専門家らに諮問し、了承された。行動制限の緩和は段階的に実施する。8県に適用中の重点措置も解除する。28日夕の政府対策本部で正式決定し、菅義偉(すが・よしひで)首相が記者会見で説明する。

宣言と重点措置が発令・適用されていない状態となるのは4月4日以来、約半年ぶりとなる。全ての地域で病床や重症病床の使用率が「ステージ4(爆発的感染拡大)」を下回るなど、感染状況が改善されたことから宣言解除が可能と判断した。

宣言を解除した地域は1カ月間をめどとし、認証された飲食店は午後9時まで、それ以外の店舗は午後8時までを目安に営業時間短縮を求め、要請に応じた飲食店に協力金を支給する。酒の提供も認める。いずれも知事の判断で制限や緩和を可能とする。

西村康稔経済再生担当相は分科会で「緊急事態の解除後、さまざまな活動が活発になれば必ず感染者の数は増える。早期の感染再拡大を招かないように必要な対策を継続する」と説明した。田村憲久厚生労働相は急激な新規感染者数の減少の理由が特定できていないと指摘した上で「今、減っているから大丈夫なんだという根拠なき楽観論でいろんな行動が動き出すと、また感染が広まってくる」と警鐘を鳴らした。