総裁選ドキュメント

岸田氏「私のすべてをかけ戦い続ける」

宏池会の会合に向かう岸田文雄前政調会長=28日午前、東京都千代田区(飯田英男撮影)
宏池会の会合に向かう岸田文雄前政調会長=28日午前、東京都千代田区(飯田英男撮影)

自民党総裁選(29日投開票)に出馬している岸田文雄前政調会長は28日、東京都内で開かれた岸田派(宏池会)の会合で「私のすべてをかけ、明日の結果が出るまで戦い続ける所存だ。ぜひ、ともに戦ってほしい」と呼びかけた。

岸田氏は、世論調査での人気が高い河野太郎ワクチン担当相や、河野氏を支援する石破茂元幹事長、小泉進次郎環境相を念頭に「われわれは決して派手ではない」としながらも、「着実に国民の支持が積み上がってきた。手応えを感じている」と強調した。

その上で「一つのミスや失言が大きく勝敗に影響する。緊張感を持ち続け、頑張らなければならない」と気を引き締めた。

岸田派ナンバー2の座長を務める林芳正元文部科学相も「ここで気を抜いてしまうと努力が一瞬で水泡に帰す。最後まで一致団結して戦おう」と訴えた。

会員限定記事会員サービス詳細