北ミサイルで首相指示「不測に備え万全の態勢を」

菅義偉首相(春名中撮影)
菅義偉首相(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は28日午前、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとみられることを受け、関係閣僚らに「不測の事態に備え、万全の態勢を取ること」などを指示した。首相指示ではこのほか、航空機、船舶などの安全確認を徹底するとともに「情報収取・分析に全力を挙げ、国民に対して、迅速・的確な情報提供を行うこと」を求めた。