NTT、転勤・単身赴任を原則廃止へ - 産経ニュース

メインコンテンツ

NTT、転勤・単身赴任を原則廃止へ

NTT本社が入るビル=7日午後、東京・大手町
NTT本社が入るビル=7日午後、東京・大手町

NTTは28日、「コロナ後」の社会を見据え、経営スタイルを大幅に見直すと発表した。リモートワークを基本とし、転勤や単身赴任は原則廃止する方向で検討する。グループの全社員32万人が対象。本社や管理部門の部署を首都圏から地方の中核都市に分散させ、地域密着の事業を強化する。

脱炭素化の取り組みとして、令和22(2040)年度にグループ全体で温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする目標を表明。業務のデジタル化を進め、7年までに紙使用を原則ゼロにする方針も打ち出した。

人事制度や働き方改革では、サテライトオフィスを現在の約60から来年度に260以上へと増やし、社員が働く場所を選びやすくする。職務を明確にして成果重視で処遇する「ジョブ型」の人事制度を今年10月から全管理職に拡大する。