仏大統領、ゆで卵?投げられる 6月には平手打ち

27日、フランス南部リヨンでゆで卵とみられる物を投げ付けられるマクロン大統領のビデオ映像(LYONMAG.COM/AP=共同)
27日、フランス南部リヨンでゆで卵とみられる物を投げ付けられるマクロン大統領のビデオ映像(LYONMAG.COM/AP=共同)

フランスのマクロン大統領が27日、南部リヨンで飲食店業界の大規模見本市を視察中、男にゆで卵とみられる物を投げ付けられた。肩に当たったが、けがはなかったとみられる。報道によると、男は極左の運動家とみられ、当局が直ちに拘束した。

男は「革命万歳」と叫んでいた。マクロン氏は「言うことがあるなら、言いに来ればいい。私の方から後で会いに行ってもいい」と述べ、視察を続けた。見本市の視察中は、新型コロナウイルス対策で閉店を強いられた飲食店への政府支援に対し、感謝する声もマクロン氏に多く寄せられていた。

マクロン氏は今年6月、国内南部を視察中に政権に反対する男に顔を平手打ちされた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細