総裁選ドキュメント

二階氏、決選投票で結束乱す派閥議員「出て行ってもらう」

自民党役員会に臨む二階俊博幹事長=28日午前、東京・永田町の自民党本部(松井英幸撮影)
自民党役員会に臨む二階俊博幹事長=28日午前、東京・永田町の自民党本部(松井英幸撮影)

自民党の二階俊博幹事長は28日の記者会見で、党総裁選(29日投開票)で自身が支持する候補者について、「まだ決めていない」と語った。決選投票となった場合、二階派(志帥会、47人)が結束して対応するかと問われ、「対応したくない人は、出て行ってもらうしかしようがない。ちょっと愚問じゃないかな。こういうプロの世界では」と述べた。

二階氏は、これまでの4候補の論戦に関し「自民党には幅広い人材がいるなということを、国民や党員の皆さんに安心感を与えたと思っている」と語った。