越前ガニの量どれくらい? 水中ドローンで調査 - 産経ニュース

メインコンテンツ

越前ガニの量どれくらい? 水中ドローンで調査

福井県などによる海中の越前ガニの資源量を推定する実証実験に使われた水中ドローン=27日午後、福井県敦賀市
福井県などによる海中の越前ガニの資源量を推定する実証実験に使われた水中ドローン=27日午後、福井県敦賀市

福井県などは27日、同県敦賀市の港で、水中ドローンを使って海中のズワイガニの資源量を推定する実証実験のデモンストレーションをした。同県の港で水揚げされたズワイガニ「越前ガニ」は全国的に有名。県担当者は「正確なデータを把握し、日本海全体での安定的な資源確保につなげたい」と話している。

県や東大、環境コンサルタント「いであ」(東京)などによるもので、27日は船に載せた重さ275キロの水中ドローンをつり上げて海中に入れ、正常に作動することを確認した。

越前ガニの資源量を推定する実証実験のデモンストレーションのため、海面で作動を確認する水中ドローン=27日午後、福井県敦賀市
越前ガニの資源量を推定する実証実験のデモンストレーションのため、海面で作動を確認する水中ドローン=27日午後、福井県敦賀市

実験は28日から4日間の予定で、資源確保のため沖合約15キロの場所に整備された約9・3平方キロメートルの保護礁内で行う。このエリアではズワイガニを採ることができないため、これまで調査できていなかった。

ドローンは水深約250メートルまで潜り、保護礁全体を高精度カメラで撮影する。

海中の越前ガニの資源量を推定する実証実験のデモンストレーションのため船からつり上げられる水中ドローン=27日午後、福井県敦賀市
海中の越前ガニの資源量を推定する実証実験のデモンストレーションのため船からつり上げられる水中ドローン=27日午後、福井県敦賀市