自動運転のバス隊列走行システム構築へ JR西、ソフトバンクが10月から実証実験

JR西日本とソフトバンクが共同開発する、自動運転で隊列走行できるバス高速輸送システム(BRT)のイメージ図(JR西日本提供)
JR西日本とソフトバンクが共同開発する、自動運転で隊列走行できるバス高速輸送システム(BRT)のイメージ図(JR西日本提供)

JR西日本とソフトバンクは27日、共同開発中の自動運転で隊列走行ができるバス高速輸送システム(BRT)を、2020年代半ばの実用化を目指すと発表した。今年10月に滋賀県野洲市内のJR西の施設で実証実験を開始し、令和5年までの技術確立を目指す。

両社は複数のバスが連なって専用道を自動走行するシステムを計画している。途中で別の目的地に分岐したり、支線を走るバスが本線で合流したりすることも想定する。昨年3月に開発プロジェクトを立ち上げていた。

野洲市にあるJR西の車両基地内にテストコース(総延長約1・1キロ)を設置。停留所などを置き、バスの連結や隊列走行をテストする。バス同士の行き違いや乗降場所での制御などを含め、運行計画に基づく走行ができる技術確立が目標だ。

最大で500人程度の輸送を目指しており、実現すれば鉄道のように線路を維持管理するコストがかからず、路線バスより多くの旅客が輸送できる。

JR西は「将来人口減少や高齢化が進み、コンパクトでバリアフリーのまちづくりが求められている」とする。具体的な導入先は決まっていないが、両社は今後、自治体との協議を進める考えだ。

また、2025年大阪・関西万博での活用に関し、JR西は「ニーズが一致すれば役割を果たす可能性がある」と、会場内などでの導入に意欲を示した。

会員限定記事会員サービス詳細