「メルケル後」針路示せず CDU・CSU

26日のドイツ連邦議会(下院)選挙では、メルケル首相の保守系与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が第二与党の左派、社会民主党(SPD)に敗北した。新型コロナウイルス禍からの経済復興、地球温暖化対策に国民の関心が集中する中、「メルケル後」の針路を示せなかったのが原因だ。

保守派に大打撃

CDU・CSUの得票率が総選挙で20%台に低迷したのは初めて。首相候補のラシェットCDU党首は26日夜、「第一党が必ずしも首相を出すわけではない」と苦渋の表情で語り、連立交渉に意欲を見せた。

ラシェット氏は選挙戦で「メルケル路線の後継者」以外に看板がなかった。今夏、洪水被災地の視察中、側近と笑う映像がテレビで流れたのが致命傷になった。ベルリンの自動車会社社員(58)は「長年、CDUを支持してきたのに失望した。コロナ対策の産業補助金や生活支援が打ち切られることに不安があるにもかかわらず、対策があいまいだ」と話す。

CDU・CSUの支持率は昨年、メルケル氏の手堅いコロナ対策が評価され、37%に達していた。首相の引退表明で、党は存在意義を問い直された。

SPDに「真の後継者」

ドイツは現在、ワクチン効果で感染が収束に向かう一方、経済は都市封鎖の打撃から立ち直っていない。SPDの首相候補、ショルツ財務相は、ラシェット氏の人気低迷に伴って「メルケル氏の真の後継者」として浮上。メルケル大連立政権でコロナ経済対策を担った安定感が評価された。

選挙戦では、最低賃金の引き上げや生活支援策を公約。今春には13%まで低迷した党支持率を挽回させた。ただ、1998年にSPDのシュレーダー前首相が就任した際には4割の得票率があり、当時の党勢からはほど遠い。大連立を解消し、政権を刷新するには複数の政党の取り込みが必要で、譲歩を迫られる。