医療用の抗原検査キット、薬局販売が解禁に

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館(納冨康撮影)
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館(納冨康撮影)

厚生労働省は27日、新型コロナウイルス感染の有無を調べる「医療用抗原検査キット」の薬局での販売を特例的に容認した。あらかじめ購入して体調が気になる場合に使用し、陽性時は医療機関を受診する必要がある。1回分数千円程度になる見込みで、15~30分程度で結果が出るという。

検査キットは無症状者の確定診断には推奨されておらず、有症状でもウイルス量が少なければ陰性となる場合がある。厚労省は「体調不良時は買いに行かず、医療機関を受診する必要がある。陰性でも感染対策を取らずに行動することは控えてほしい」としている。

厚労省によると、販売対象となるのは新型コロナ感染症の簡易検査キットとして承認を受けた15種類。薬局に薬剤師がいる時間帯に購入でき、使用時は自分で綿棒を鼻に挿入して検体を採取する。厚労省は27日、自治体に事務連絡を出し、薬剤師が購入者に対し、使用時の注意点を丁寧に説明するよう求めた。

検査キットはこれまで医療現場での診断に用いられてきた。ネット上などでは性能が確認されていない未承認の検査キットが「研究用」として販売されている。