クラスターの9割以上がブレークスルー感染 群馬 - 産経ニュース

メインコンテンツ

クラスターの9割以上がブレークスルー感染 群馬

群馬県庁(柳原一哉撮影)
群馬県庁(柳原一哉撮影)

群馬県などは26日、新たに19人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。また、伊勢崎市内の医療機関で起きたクラスター(感染者集団)で新たに患者1人の陽性を確認、この患者を含めワクチンを2回接種した人のブレークスルー感染が30人となり、感染者全体32人の9割以上を占めた。県では「2回接種した後も感染予防は怠らないで」と注意を呼び掛けている。

19人の管轄別内訳は、県が10人(保健所別=太田4人、伊勢崎、桐生各2人、館林、富岡各1人)、前橋市7人、高崎市2人で、累計は1万6522人(うち死亡は170)となった。