G大阪の至宝、宇佐美が久々に輝く 1G1Aの活躍

【G大阪―柏】前半、先制ゴールを決め喜ぶG大阪の宇佐美(右)=9月26日、パナソニックスタジアム吹田
【G大阪―柏】前半、先制ゴールを決め喜ぶG大阪の宇佐美(右)=9月26日、パナソニックスタジアム吹田

G大阪の「至宝」と称される宇佐美が、精度の高いキックで久々に輝きを放った。本拠地に柏を迎えた26日の一戦で、セットプレーで1ゴール1アシスト。2-1でのリーグ戦6試合ぶりの勝利に貢献し「内容よりも勝てたのが大きかった」と納得の表情を浮かべた。

前半3分、ペナルティーエリアの左からFKを直接決め、先制点をチームにもたらす。同26分の敵陣右からのFKでは遠いサイドの菅沼にピタリと合わせ、ヘディングでのゴールをお膳立てした。

「前向きな気持ちでプレーしている」と松波監督。宇佐美は「体が動いていなかった時期もあったが、コンディションが上向いている。チームに『勝ち』をつけるプレーをしていけると思う」と手応えを口にした。 (北川信行)