名神でバイク転倒1人死亡 陸自車両と接触、後続車にはねられ - 産経ニュース

メインコンテンツ

名神でバイク転倒1人死亡 陸自車両と接触、後続車にはねられ

26日午後1時20分ごろ、滋賀県湖南市菩提寺の名神高速道路下り線で、バイクが陸上自衛隊車両と接触して転倒、バイクに乗っていた大阪府豊中市の会社員、滝本和大さん(32)が後続の普通貨物車にはねられた。滝本さんは搬送先の病院で死亡が確認された。

県警高速隊によると、滝本さんが追い越し車線から走行車線に移動した際に、走行車線の陸自車両に接触したという。

陸自第6師団司令部(山形県東根市)は、バイクが現場のカーブを曲がりきれずに陸自車両のドアに接触したと説明している。陸自車両に乗車していた3人にけがはなかった。